HAPPYに生きよう

HAPPYに生きよう~!みんな大好き。大好きすぎていっぱい話しすぎてしまう私が、聞き上手でいられるために開設したブログ

濃密な時間4

頭の中に思い出したある概念について

ぐるぐる想いを巡らせながら

仕事にいく

 

帰りに私の上司?が

先週やめた女の子のことを

やめてもいいって思ったのは

私が来月から毎日出勤するからだと言われた

 

年齢で考えたらあの子の方が

覚えるのも早いかもしれないけど

私を選んだと。

理由は、私の方が、この仕事に

この会社に対する熱意があるからだって

それがあったら、たとえ覚えるのは遅くても

必ずものになる

人間性で選んだと言われた

 

 

私にとって、8月のあの日

やれますと言わず、

やれるかわからないです

週に2,3日がいいです、って

自分のその時の気持ちを

そのまま伝えたことも、

もう~電話をかけるだけだったら、

荷が重すぎて無理だと言ったことも

 

全部よかった

8月からフル出勤していたら、つぶれていたと思う

先月ちゃんと気持ちを伝えたことで

私にやめてほしくないって

思ってくれてることもわかったし。

別の業務を教えてもらえることもわかった。

 

そして、

結果的に、パソコンスクールで

学んできたことを、活かせる業務に

ちゃんと、就けるのだ。

 

彼との関係はまだ終わってない

もう一度向き合わなければいけないと

とあるカードで言われたあの日

 

それは、今すぐ就職先を探すことより

優先ですか?と聞く私に

迷いもなくハイ!との答えが返ってきた

あの女性に心から感謝だ

 

今、愛についてつかみかけた今、

こうして、来月からの業務について

約束がされた

 

これは全部繋がってきた今日なのだろうか

 

あの時期に

パソコンスクールが終わり

もう~彼に執着することもやめて即就職してたら

 

今のこの想いにはたどり着けなかったし

 

8月のあの社長からの電話のあとに

凄い誘い来た!聞いてほしい!

時間を作ってもらったあの時から

 

離れかかっていた私と彼の人生は

また繋がったような気もする

心配して、初出勤の夜は連絡をくれたし

 

うまくいかず壊れそうになった時も

支えられた

仕事や人間関係で私が悩み始めたことや

新しい彼女の話題で

また仲良くなったんだ

不思議

 

今の仕事は、今まで

受けて受けても

 

事務経験ある人が優先だとか

年齢が若い人の方を採用するとか

 

当たり前に立ちふさがっってたことなのに

 

一人の人間としての「私」を、選んだと

言ってくれたのだ

 

何かが廻り始める時だね

 

がんばろー

 

彼がいなくなるこの時期を

 

想像しただけで、喪失感のどん底にいるって思っていた

だから、ライブの遠征の予定も入れた

 

でも、そんな必要もなく

私は元気で、

私の身辺は、にぎやかで

気になる人もできて

希望の職も手に入れられそう

 

そして、彼はこれからも私とかかわっていくのか

 

それは今はまだわからない

 

でもいい

 

必要と無くなるなら自然に離れていく、きっと

 

彼が幸せならそれでいい

 

でももし、抱えてるストレスに

私の灯りが必要なら

灯しに行くよ

 

それは今は決めなくていい

 

なぜなら人生とは

自分で決心して決めていくだけじゃない

 

紐解かれていくもの

 

だからこそ

スリリングで楽しいんだ

 

あの日私に電話をくださった社長に

いろんな意味で感謝

 

本当に感謝

 

実際に私を引っ張ってくれてるのは、社長でないけれど

 

だけど、あの会社だから

この仕事に意味があるんだと思える女性

あの人の考えが本当に一社長としてだけでなく、

社会に対する大きな概念であることも。

 

2017年の秋に始まった私の愛の時間

星占いで、何度も出てきてるワード

その愛の時間のあとにたどり着く職業が

結婚相談所って、凄い

 

そして

ここで、どんなアドバイスをしてるのか

耳にしてる言葉が

私の自分自身に応用できるって

 

お金を払ってみんながサポート受けるようなことを

無料で教えてもらってるようなもの

盗み聞きだけど

 

やっぱり、すべては繋がってるよね。。。

 

 

人生で

こんなにも濃い時間が

待ってるとは

 

去年、職がなくなるかも・・・って衝撃受けてた頃には

想像もつかない時間を、私は生きた

 

あ、そうだ

職がなくなるかもってうわさが出たときに

最初に相談したのだって

彼だったんだ、まだ知り合ったばかりだったけど・・・

 

あの時にお店が撤退する

 

そう決めてくれた会社にさえ感謝だな

すべてが必然だったのだとしたら

 

本当に本当に

 

濃密な時間を生きた、あの日から。。。。。

 

そしてもしかして、

パソコンスクールで学んできたことだけじゃなく

今まで、読んだり感じたりしながら

 

気づいてきた私の中の概念のようなものを

今活かせる場所があるとしたら

この職業なのかもしれない

そんな気もしてる

 

この間、自由について語った時も言われた

 

やっぱり人とかかわる仕事がいいよ

作業じゃなくてって

 

自由とは愛のもとにあると

もう結婚や恋愛より自由に生きてそれでいいって

思ってる女性たちに

 

今なら実感込めて伝えていけるかもしれない

 

信頼できる伴侶があってこそ

自由があるのだって

濃密な時間3

人生の中で、いったい今の自分には何が起こっているんだろう

なんで、何もかも思い通りにいくのか

もう、十分です、って思うくらい

幸せな時間があった、一年前。

 

彼ではないけれど、まるで彼のように

私の好きな場所、好きな音楽、

一緒に行きたい、聞きたい、って

構ってくれた人

 

それは、職を失ったのと同時に訪れたので

友人たちが、これは神様からのご褒美だと言った

 

だけど、ある時期から

一緒にいても、また普通のただの同僚?に戻った気がした

その境目になる日があった

 

一年前、新宿で待ち合わせしたある日

 

それ以降も、一緒にライブにも行ったけど

何かがしっくりこなくなった

 

あれから・・・・

 

あの時も彼女はいたけれど

今の彼女ができて、そのことを話題にするようになったころから

なぜか前よりも、もっと、仲良くなった気がした

 

もう何も、隠し事がなくなったからなのかな

 

いつも私の話ばかりだった関係から

自分の気持ちを、いろいろ言うようになった

 

一年前、

ご飯を食べるところさえ決められず、

すれ違った想いを

抱えていた新宿で

 

待ち合わせたのは、まさかの彼がバイト先を去った

翌日

 

みんないる中ざわざわ別れたままだったので

ボールペンのお礼を翌朝LINEした

「名前入りだよ、使ってね♡」

え?

名前入ってたんだ。。。

 

午後の仕事中なにげなくそれを見て

 

朝から何事もなく?いや今まで以上に

賑やかに楽しく過ごしてたのに

途端に泣きそうになった

 

そのまま帰りもLINEが続き

新宿でごはんを食べることになった

 

バイトもやめ、もう~

見知らぬカップルになっていくんだと思った

その一日目から、私とごはんを食べる時間があった

 

神様。。。

私たちはまだ、何かで、繋がれているのでしょうか

恋愛とか、そ~ゆ~ものとは違う

深いところで。。

 

何食べる~って、一緒に歩く新宿の街

あの日あんなにフィットしなかったことを

思い出すと、

本当に不思議。。

 

食べるものが決まらないまま

ベンチに寝っ転がったり、はしゃいでる

 

初めて見るスーツ姿楽しみにしてたけど

以外に普通でつまらなかった

 

ごはんを向かい合って食べて

こんな顔してたんだ・・って少し驚く

いつも笑顔で私を見てたから

そしてマスクもほぼほぼしてるから

 

真顔の状態で眺めてる目の前の人

知らない人みたいだった

そしてたぶん、

何もなく目の前に現れても

別に好きにならないって思った

イケメンじゃないという意味じゃないけど。

私が好きになる顔立ちってこんな感じじゃない

 

私は、彼が私を構ってくれる

にこにこ私を眺めてる

その心地よさに惹かれたのだと

改めて思う

 

一年前、何かがしっくりこないと感じ始めたのは

彼からの

心地よい空気を感じなくなったからだ

 

じゃ~いったい、何を見て

何を好きだったのか

好きだったのは彼自身ではないのか

 

この一年、愛について

まだ終わってないと、ここまで一緒に過ごしてきたことの

答えがまだつかめそうでつかめない

 

凄く好きだけど、恋愛でない

恋愛ではないのにすごくしっくりくる

 

だけど私自身も

凄く好きであると同時に

ちゃんと恋愛するなら別の人だとわかってる

なんなら、あの人!って思ってる

彼はまだ知らないけど

話したらきっと、いいじゃん!って言うだろうな

ホントにいい人だから。

 

そして、少し前に急にひらめいて

話したいと思いながらいた話

私が一番人生で大切にしている、自由について。

 

話しきったら

やばい結婚相談所勧誘されそうって返事が来たけど。

おい

 

別に勧誘してないし

 

私、勧誘するポジションじゃないけど

 

響いたってことでいいの?

 

でも、私はまだ、その後もその続きを考えていた

 

でも、じゃ~

束縛したい、されたい

そこに、信頼はないのか

愛はないのか

そ~ゆ~わけではない

どう説明するのか

 

 

数日後その答えが

ひらめいた

ひらめいたのじゃない

思い出した

ずっと以前に知ってて忘れてたこと

 

でも、この一年、私に起こってたこと

みんな説明できる気がした

 

その考えがぐるぐるしたまま

私は仕事に向かった

 

濃密な時間2

みんなでバスに乗って焼き鳥やに向かう

バスの中で、先生のように大好きな女性と

いろんな話をした

 

人生なにも、無駄はない

 

って言葉が昔から好きだと言ってた

 

私は、昔バンドやってたって聞いたある人と

めっちゃ、話したくて飲みたくて

 

その方を誘って飲みに行きたいって

数日騒いでた・・からの念願の飲み会?

焼き鳥屋飲み

 

いつかの四柱推命

彼と一緒にいると出会えないと言われたけど

 

私の人生は・・

 

彼がバイト先から去るのと

入れ違いのように、しかも、たったの数分後?

 

もう~別の流れが動き始めたように感じた

 

その方と私は、

頼んだ焼き鳥が、まるかぶりで

しかも、私たちのオーダーだけがこなかった(笑)

なので、二人だけ、どんどん飲む(笑)

 

早い時間に解散したにも関わらず

 

私は、めったにない二日酔いになった

そして、したかったはずの音楽の話題も

たいしてしてなかったことに、気づく

ただ、一人暮らしだってことは聞いた!(笑)

 

彼のいなくなったバイト

想像の中では、私は喪失感で、抜け殻のようになると思ってたのに

まるでいつものようにはじまり

 

それどころか、いつも私を構ったり世話してくれる?

方たちに、なぜか今まで以上にチヤホヤされていた

 

本当に、四柱推命の人が言うように

何かが押し寄せてくるように

 

私は彼とくっついてちゃいけなかったのかな?(笑)

 

っていうか、なぜあの二人はくっついているのかと

私の友人は聞かれてたらしかったけど

ソレ、やきもちだったのかな?(笑)

ただ伝票渡されるだけでも、

俺からのラヴレターだから、とか。

私を構うのが趣味だから、とか。

 

私の大好きな石井ゆかりさんの占いにも書いてある

 

今秋以降、人間関係が活発になっていろんな人が、

いろんな思いをもってボールを投げてくるけど

今は受け取るだけで投げ返す必要はない(先週の占い)

 

寄り道、道草、余計な雑談。

一見無駄にしか見えないうような時間の使い方が

この時期の私に、眼に見えない宝物を授けてくれる(今週の占い)

 

そして、私をとりまくチヤホヤした流れで

もう一回まさに飲みに行く機会もあったんだ。

つまり、今週の私は連日道草寄り道を繰り返していた。

 

 

 

濃密な時間1

とっても濃い、一週間を過ごしたな。。

先週の月曜日のことは、まるでもう一か月くらい前のことに感じる

 

リクエストに応えて、作ったこともない酢豚を作った

そして最終日は得意料理って言われてロールキャベツを。

 

人生でこんなにも真剣に料理したこと、あったかなぁ~(笑)

酢豚は最後あんの中にごはんいれちゃうくらい好評で、残ってるなら

明日も持ってきてって(笑)

ロールキャベツは、あ~得意って言うだけあるなぁ~って

スープまで全部飲んでた

 

月曜は天気も良く外でのごはん日和り

もうこの日に渡そうって決めてたプレゼントを持ってきた

とってもオシャレなイラストを描く

Kim Karans

 最新作の絵本

Whose Moon Is That?

Whose Moon Is That?

 

 この人のイラスト好きって知ってて買ったから

もう~喜んでくれるってわかってた

 

ボールペンとか就職祝いぽいものあげたほうがいいのか迷ったけど。

 

火曜日、いつものように二人でごはん食べてアイス買って

 

休憩から戻った時に

お世話になったからって、プレゼントをもらった

 

ボールペンだった(笑)

あれ?私がもらうとは

 

そのままもう~話す間もなく、午後の時間は過ぎた

一緒に仕事をする時間は本当に楽しかったのに、

その時間はもう~与えてはもらえなかった

彼は別作業に駆り出されていた。

最後に今日でラストです、みたいな終礼もなぜかなかった。

ぎりぎりまでやめることを言わなかったせいなの?

 

なぜか私は叱られていた

なんで、そ~ゆ~こと教えなかったのかとか

知ってて黙ってたのかとか、八つ当たりのように(笑)

 

最後の挨拶がないと、最後だから告白したいって人がいたら

困るじゃない!?

まるで私が告白するかのように言われ

 

次にその話は

私が告白しようと思ったのに、最後の挨拶がなかった

って話にすり替わってて驚いたけど(笑)

 

あ。。それならもう、一年も前からわかりあってるので

ご心配なく(笑)

恋愛と友情のギリギリのところにいて

一緒に何度もLIVEに行き、

私の友達とみんなでごはんだって食べてる

 

付き合ってはいないけど

私が一番好きなのは自分だって、彼は思ってるし

「俺がいないのに、昨日来たの?」

「俺がいなくなったらやっていけるの?」

彼は手が空くといつもそばにいて、特に最近は。

ついててあげないとダメって思ってたし。

出勤する日だって、そもそも合わせてた

 

結局、俺がいなくなっても続けていくんでしょ?

って、驚き気味に言ってたくらい

 

私ことは全部把握したがって

 

だけど、ふたりで超~くっついてるけど、実は

話題は彼女のことだったり(笑)

時に人生について、深い気づきを話し

就職について話し

つまりありのまま全部の

スのままの状態で、最後一緒にいるのが

ただ、心地よく、ただくっついていた。。。

 

彼は帰りぎわみんなにお説教?されて(笑)

もう、目が合うだけで、ボールペンのお礼を言う暇もなかった

翌日から次の職場に行く彼を残し

 

私はそのまま、焼き鳥屋へ

誘ってくれたメンバーと飲みに行った

 

想像しただけでも辛いと思ったはずの別れの瞬間は

特に何事もなく、なんの動揺もせずに過ぎ

それよりも私は焼き鳥メンバーに

最近一緒に飲みたいです~って

超絶オファーしてた方が来てくれたので

大はしゃぎで出かけて行った

 

こうして、彼はもう~

この場所にこなくなり

見知らぬ人になった行くんだと思った

仕事も変わり、引っ越しをし、

知らないカップルになっていくのだと

カウントダウン

就職する日が決まったって連絡きた

 

おめでとう🎉

 

明るく返すけど。。

あーついにこの日が来てしまった。

 

あと2回だけだから、お弁当のリクエストを聞いた(笑)

 

これで最後だから、って、去年もごはん行ったよね

あの時は私が離れたけど

私はまた、戻ってきて。

パソコンスクール行くときも、

また、最後だからってごはん行ったよね(笑)

 

でも、今度は本当だ

就職したらもう、戻ってこない

 

私がずっとはっきり仕事を決められなかったのも、ここで一緒に過ごしていたからったからだ

 

でも、私はこれからも、ここにくるよ、

仕事の合間にバイトにくる

 

好きな業務なんだ

誰も仲の良いひとなど

いなかった頃から。

 

わざわざ会う約束をしなくても

日常のなかで、話したりふざけたりできること

 

本当に本当に幸せな時間

特にこの2ヶ月くらいは、

私がいく日は、二人で屋上に侵入したり、

外でお弁当食べたり

こんな日が来るって、わかってたのに

なんでもっとたくさん、来なかったの?私

 

イムリミットがあるってわかってからも

だったら私も負けてらんない

バイトばかりしてないで勉強しなきゃ!

就活しなきゃ!と思ったり。

 

もっと来るつもりならこれたのにな。

LINEしてるうちに、どんどん寂しくなり

最後の日行くのやめたくなった(笑)

 

でもさ、そんなシュンてしたくない( ´-ω-)

 

元々私のものじゃない

 

今度はちゃんと、自分だけの優しいひと

探したいもん

 

誰かと過ごす時間が楽しいって

私もまた、誰かと生きたいと

 

思わせてくれたことだけでもう、いい

 

 

一緒にいてくれて、ありがとう

遊んでくれて

気にかけてくれて

かまってくれて

 

私はどんなに嬉しくて幸せだったか

 

だからもう、それ以上考えるのはやめなくちゃ 

 

前にすすみたい

笑顔で送りたい

 

 

 

 

美しき日々

誰かにとって「たかがそれくらい」のありふれた歓びを

嬉しいと感じた瞬間に 思い浮かんだのは誰?

終わりでも 始まりでもない ただ明日と昨日の間

特別は 多分 普遍的な形をしてると思う

 

あなたがいて 僕がいて ともに望んでる未来があって

ため息も 吐くけど その倍 笑っていると思う

僕は 人に生かされて 人と生きている

ああ 幾つもの愛と生きてる

 

もしかして幸せは 訪れるものでも 待っているものでもなくて

今ここにあることに 気がつくものなんじゃないかな

誰かにとって「たかがそれくらい」の ありふれた歓びでも

嬉しいと思えたら 特別じゃない今日はもうきっと

美しい 美しい日なんだよなあ

特別は そうだ 普遍的な形をした幸せだ

 

今日までの 道のりがさ 正しく最短だったのかって

わからないけど なんとなく これでよかったと思ってる

僕は 人に生かされて 人と生きている

ああ 幾つもの愛と生きている

 

もしかして幸せは 唯一つ 掴み取るようなものじゃなくて

幾つでも 何度でも 気がつくものなんじゃないかな

誰かにとって「たかがそれくらい」の ありふれた歓びでも

愛しいと思えたら 大切にすればいいんだよな

 

今にある幸せは 今生きる自分で 気がつくものだったんだ

優しさも 楽しさも 愛しさも 笑い声も

誰かにとって「たかがそれくらい」の ありふれた歓びでも

嬉しいと思えたら 特別じゃない今日はもうきっと

美しい 美しい日なんだよなあ

特別は そうだ 普遍的な形をした 幸せだ

どこまでつづくのか

どうしてこんなに私のことよくわかるんだろう

 

って、思うある人が、

もうすぐ、身近なセカイからいなくなる

 

彼の言葉も、行動も

いつでも私の的を得ていて

 

悩んだときにくれる答えも

すべてが、こんなひとならどれだけ一緒にいてもいいって

思える

私のしてほしいことが、ちゃんとわかるひと

私の世話をしてくれるひと

バイト中も私の行動をちゃんと見ていて

サポートしてくれるっていう

いつでも、一体感がある

 

心地よい空気で包んでくれるひと

 

数か月前に、人間関係で悩みだしてからは

特にそばにいてくれる

 

俺がいなくなったらどうするの?

やっていけるの?って言いながら。

 

でももう、就職が決まるのも時間の問題

私の就職も来月から決まってるけど、

その前に先にいなくなる

 

言った方がいいの?いつまでか

 

え?言ってよ。ひどいなぁ~。

 

なんで?また、ごはんとか誘ってくれればいいじゃない、

なんでこれで終わりだと思うの??

 

・・・・・

 

とても心地よい

ただ話を聞いてもらえるだけで

私は考えがまとまって前に進める

きっと、答えは自分でみつけてるのかもしれないけど

 

その時に寄り添う感覚が

他の人に話しても

何かが違うと感じてしまうんだ

 

だけど、それに甘えていつまでも一緒にいていいの?

 

「彼のような人を求めたら

誰にも出会えないわよ、ここまで合う人いないから」

 

いつか言われた四柱推命で。

それくらい、私にはぴったりくる人らしい

 

ちゃんと恋愛したいなら離れたほうがいいって

 

じゃ~彼はなんで私のところに来るのでしょうか

それほどまで、この人大丈夫って心配だから来るんでしょうか?

今も、出会った頃も、彼女はいるのに

 

表向きは私のめんどうをみてるように見えて

私からパワーをもらってるんだって

私が灯りをともしてるって、心に。

だから、人が集まってくるっと言われた

 

俺もそう思う!

 

彼はそう言ってたけど、きっと

お前みんなに迷惑かけといて何言い訳してんだ?と

たぶん、みんなからは、これ怒られるやつだ

 

あの時、彼は仕事で苦労するひとだと言ってた

今がってことじゃなく、ずっと・・・

今は、私といることで、ストレスを軽減できてると

 

だったらさ、近くにいてあげたい

 

だけど私も、彼が欲しい(笑)

出会いたい!誰かと

 

新しい仕事に慣れなきゃいけなくて

彼女にも会いたくて、いずれ一緒に住むだろうし

そのうえ私とご飯食べる時間なんてないと思う

 

会いたいって言ったら来てくれないかもしれないけど

悩んでたら、困ってたら、飛んできてくれるひと。。。

 

でも、私が助けて~って言わなかったら

自然に離れていくのかな

それも寂しいけど

 

だからつまり、私が決めるのだ

いつまで一緒にいるのかは。。。

 

もう、必要ないって思える日まで